二次被害が拡大する前に水漏れ修理を依頼しよう。

放置しておくとトラブルに・・・~水漏れは迅速な対応が重要~

シンク下の水漏れを放置すると続々とトラブルが発生する

シンク下で水漏れが起こると、二次被害が起こります。住宅に影響を及ぼしてしまったり、他の住民に迷惑をかけてしまったりと大きな問題に発展してしまいます。二次被害を食い止めるためにも、症状について理解することが大切です。

二次被害を防ぐためにいち早く異変に気付こう

シンク下の水漏れが蛇口からの水漏れと違って厄介な点は、二次被害が発生する可能性があるということです。水漏れによってキッチンの床やシンク下の収納スペースが傷んでしまうといった二次被害につながるかもしれません。シンク下をチェックする機会は少ないので、気付いた時には床やシンク下の収納スペースが腐っていて大規模な修繕が必要になるケースも珍しくありません。水漏れが少量の場合は尚更気付きにくいです。シンク下は日頃から確認するように心がけておきましょう。また、確認した時に水漏れしていなくても、水漏れをした痕跡がないか、シミがないかなど細かくチェックするようにしましょう。

4つの二次被害の詳細

ここからはシンク下で水漏れが起こったときの二次被害の詳細を紹介します。心当たりがある方はシンク下を確認してみてください。もしかしたらシンク下で水漏れが起こっているかもしれないので、その時は水漏れ修理業者を呼びましょう。

カビ・腐食
シンク下で水漏れが起こると、シンク下の湿度が高くなりカビが発生したり腐食したりすることがあります。
水道代が上がる
シンク下に限らず水漏れをしている箇所からは常に水が流れている状態なので、必然的に水道代は高くなります。
キッチンの工事
水漏れによりカビや腐食が進むとキッチンの補修工事が必要になり、高額な補修費用を支払わなければなりません。
天井からの水漏れ
賃貸物件の場合は下の階の天井から水漏れしてしまうことがあります。そうなると大規模な工事をする必要が出てきます。