シンク下からの水漏れは正しい方法で処置を~水漏れ修理前の応急処置~

放置しておくとトラブルに・・・~水漏れは迅速な対応が重要~

シンク下の簡単!水漏れ修理方法

自分で一旦水漏れ修理を行なう場合の方法をお教えします。シンク下のどこから水漏れしているかによって応急処置方法が違うため、水漏れ箇所を確認した上で行なってください。

水漏れ箇所を確認して応急処置

シンクとトラップの繋ぎ目からの場合
シンクには流し台トラップという部品が付いています。このトラップの継ぎ目から水漏れしている場合は、ナットが緩んでいたりパッキンが劣化したりしている可能性があります。ナットが緩んでいるのであれば、完全に回らなくなるまできつく締めると水漏れが止まります。パッキンの劣化は、新品のパッキンに交換することで改善されます。
シンクと塩ビパイプの繋ぎ目からの場合
シンクには塩ビパイプというものも取り付けられています。この塩ビパイプからの水漏れも、トラップと同じくナットの緩みによって引き起こされます。塩ビパイプを手で回してみて、回るようならナットが緩んでいる証拠です。時計回りに強く締めておきましょう。また、パッキンの劣化が原因の場合もあるので、これもトラップと同じく新品と交換することで改善されるでしょう。
排水ホースからの場合
塩ビパイプではなく排水ホースが取り付けられているという人は、排水ホースを交換するかビニールテープで水漏れ箇所を塞ぎましょう。ガムテープで水漏れ箇所を塞ぐ時は、何重にも巻きつける必要があります。排水ホースはわざわざ外す必要はないので、そのままシンク下に潜り込んで作業するようにしましょう。

大きな修理が必要になる前に連絡をしましょう

シンク下を見ても原因が分からない時や、自分で修理が難しそうな場合は下手に触るよりも業者に依頼した方が賢明でしょう。ここでは、水漏れ修理業者を呼ぶ判断基準をお教えします。

水漏れ修理業者に依頼した方が良い基準

  • 自分で修理できるか分からない
  • 交換や分解が難しくてできない
  • 必要なパーツや部品がどれか分からない
  • 水漏れの原因がはっきりと分からない

ぱっと見た感じ自分で修理できないなと思ったら、すぐに水漏れ修理業者に依頼するようにしましょう。場合によっては自分で修理するよりも業者に頼んだほうが安く済むかもしれませんよ。